【復旧済】BTC現物価格が一瞬で293万円を超える事態発生【Coincheck】

BTC現物価格は一時293万円まで上昇

本日、午前11時30分頃Coincheck取引所において、異常な価格急騰が発生し大混乱に。

本件に関してすでに運営はサーバー、売買、入出金のすべてをストップさせており、ロールバック(取引前の状態に戻す作業のこと)が行われる可能性があると発表しています。





一時的ではあるが、複数回に渡って上昇。

ビットコインだけでなく、ほぼすべての通貨が異常な爆上げ状態であることが確認できます。リップルは80円近くまで上昇し、一部の利用者の中には利確した者もおり市場は混乱状態が続いています。

現在コインチェックにアクセスすることができない。

Coincheckより公式アナウンス

本日発生した正常ではない価格の配信について、ご報告とお詫びを申し上げます。

日本時間2017年5月9日(火)11時25分、正常ではない価格が配信される障害が発生致しました。お客様に多大なご迷惑、並びにご心配をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。また本事象の対応につきまして、以下のとおりご報告申し上げます。

■本事象の対応  ※15:37詳細追記

該当時間内に成立した取引等につきましては、ロールバックの措置を執らせていただきます。障害発生時間、日本時間2017年5月9日(火)11時25分の時点へ戻す対応とさせていただきます。ユーザー登録、該当時間内で成立した取引、ブロックチェーン上に記録されていない送金等全てのアクションがロールバックの対象となり、11時25分の状態へ戻ります。

また、障害発生直前における注文に関しまして、取引再開時点でのレート前後の金額の注文はキャンセルとさせていただきます。
ロスカットについて、障害発生前の時点で対象となるものはロスカットが行われます。

また、本事象につきましては、ハッキング等で外部からの攻撃を受けたものではございません。ご利用者様の個人情報、並びに資産の流失はございません
原因、復旧につきまして、現在早急にご報告の準備を進めております。

このたびは、お客様に多大なご迷惑ならびにご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。同様の事態の発生を未然に防止するため、再発防止策を講じてまいります。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

原因は不明だが第一報より、ロールバックは確実に行う姿勢が見える。

これに対し、ツイッター上では厳しい声が飛び交った。
当たり前である。

※16:18

現在サーバーを復旧させ、サイトへのアクセス、また約定されていない注文のキャンセルが可能となりました。16:30より売買等に関しましても復旧を致します。

※16:30

16:30分より、取引所における全ての機能を再開致しました。

※17:45

そして、さらに復旧後の17:45、今度はXRPの購入制限。
直後の下落で安く買われないための嫌がらせにしか思えない。





Yahooニュース!他多数メディアに掲載

 ビットコインなどの仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックは5月9日、Coincheck取引所サービスで障害が発生し、入出金・売買などの取引を停止したと発表した。

 障害は11時ごろに発生し、正常ではない価格が表示されるようになったという。原因については調査中としつつも、ハッキングなどによるユーザー情報や資産の流出はないとしている。現在もスマートフォンアプリやウェブサイトにログインできない状態が続いており、復旧の目処が立ち次第、報告するとしている。

 なお、障害発生時の取引については、5月9日11時25分の状態に戻す対応を決定している。


 同社では、ビットコインで電気代を支払える「Coincheck でんき」や、ビットコインによる定期預金サービスを開始している。

【セキュリティ】2段階認証は絶対に設定しよう!自分の資産は自分で守る!【向上】

フォローしませんか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin