bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【change】仮想通貨売買利益への課税を、株取引と同じ申告分離課税にしたい!【暗号通貨】

株取引と同じ申告分離課税へ





仮想通貨の税制に関して、国税庁などの組織を相手に、申告分離課税にするよう求める署名活動が行われている。

提起主は、仮想通貨はここ一ヶ月で市場規模が約三倍にまで大きくなっており、現在の税制度が理にかなったものとは言い難く、税制の見直しが必要だと述べた。

現時点では仮想通貨の売買利益は雑所得扱いだ。このため、仮想通貨だけではない給与とも合わせた総合課税となる。

所得金に応じて課税パーセンテージがあがり、195万円以下なら×5%だが、4000万円を超えるとなんと×45%。つまり約半数を税金が占めることになる。もちろん、ここにさらに住民税として10%が加算されるので、泣きっ面に蜂といったところだろう。

こうした課税方式が仮想通貨の購入を躊躇う原因となっている他、購入した通過を動かすことができず流動性の低下につながっているという。




雑所得との区分は、あまりにも厳しい判断

まだ未熟な相場での利益確定というのは余りに短絡的であり、
仮想通貨の送金性、交換性という利便性の向上に障害しかありません。
納税は当たり前です。
ただ実際の利益に対して課税が行われないことに不満と疑問を感じます。

そして、提起主は次のように書いている。

仮想通貨売買による課税方式を、株式投資と同じ「申告分離課税」へ変更するよう、国税庁へ求めて参ります。

詳細は以下の通りです。

1.『課税は法定通貨への換金もしくは法定通貨の代替として利用した時のみ』
※流動性の担保、加えて税の原則との整合性

2.『少額決済時の非課税』
※仮想通貨の日常利用・高速決済という基本機能の保護

3.『仮想通貨同士の交換は課税繰り延べ』
※仮想通貨同士の相互運用の保護

現在の税制度がこのまま続けば、暗号通貨大国としてトップを走る日本がいつのまにか取り残されるのではないか、不当な税制によって、投資家が仮想通貨を敬遠するのでは、との見方も。

すでに4,000人以上もの署名が集まっており、非常に大きな関心を集めている様子が伺える。




引用元:https://www.change.org/p/国税庁-仮想通貨-暗号通貨-売買利益への課税を-株取引と同じ申告分離課税へ