【初心者向け】ビットコインってなあに?【今さら聞けない仮想通貨の基本】

今年は「暗号通貨元年」です。

みなさん、こんにちは。

突然ですが、暗号通貨元年という単語をあなたは目にしたことがありますか?

今、世の中のお金の在り方が大きく変わろうとしています。

これには、暗号通貨と呼ばれる”インターネット上における通貨”が大きな影響を与えています。もし、あなたが「ビットコイン」や「リップル」、「イーサリアム」などの単語を知っているのであれば、それらはすべて暗号通貨です。

暗号通貨についてきちんと説明するとなると本来は技術的解説が必要不可欠ですが、ここでそんな複雑怪奇なことを書いてもきっと誰も読まないので、そこらへんはバッサリ割愛し、あくまでもエンドユーザー視点でわかりやすく書いていこうと思います。

日本では、メディア等においてしばしば「仮想通貨」として紹介される事が多いですが、正しくは仮想通貨ではなく暗号通貨です。




暗号通貨ってなに?

みなさんは普段の買い物で現金を払う際に日銀の発行する銀行券、銀行硬貨・・・つまり「」で支払いますよね?「円」は日本の法律によって定められた通貨です。

円は法によって定められた通貨、すなわち法定通貨です。

中国には元、アメリカではドルなど、世界中に様々な通貨がありますが、これはどれもその国々の法によって定められた法定通貨です。

対して、暗号通貨は暗号アルゴリズムによってその公平性を守る通貨です。

P2Pと呼ばれるコンピュータ同士を繋ぎあわせる技術によって、執り行われた取引すべてを全員で隈なく監視することで、その価値や取引の整合性を保証しています。

よく、電子マネーなどと間違えられることの多い暗号通貨ですが、電子マネーには日本円との裏付けがあります。1,000円分チャージしたSuicaは日本円で1,000円分の価値で固定されています。

それに対して、暗号通貨はあくまでも通貨の一種であり、特定の通貨との関係がありません。仮に1ビットコインを自分が持っていたとして、これが日本円で1円の価値に固定されているなんてことはありえないわけというわけです。

ちなみに、現在のレートで1ビットコイン(単位:BTC)を日本円にすると、おおよそ20万5千円ほどになります。随分、お高いですよね。

誰が管理しているの?

さて、先ほど暗号通貨は暗号技術によって公平性を保っていると書きました。国が法律によって定めた通貨ではないため、ビットコインなどには中央銀行のような通貨発行機関は存在しません。管理運営する組織がないのです。

え?じゃあ誰が管理しているの?となるわけですが、先ほど記述した通り暗号通貨はネットワークを利用して全員で取引の整合性をチェックしています。ここで利用されている技術がかの有名な「ブロックチェーン技術」なのです。

詳細については割愛しますが、このブロックチェーン技術は画期的なもので、暗号通貨業界に止まらず今後さまざまな分野で益々発展していくと思います。中央集権を存在させない、非常に優秀かつ合理的な技術です。

暗号通貨の新規発行には、それぞれの通貨ごとに独自の仕組みが存在しますが、これは書けば長くなるので、興味のある方は「暗号通貨 マイニング」あたりのキーワードで検索をかけてみましょう。おそらく、みても何が書いてあるのかチンプンカンプンかとは思いますが。




暗号通貨はどこで手にはいるの?

現在、ビットコインなどを含めた暗号通貨は全部合わせると500種類以上にも登り、暗号通貨市場は全体的に非常に活発化しています。

暗号通貨は、「販売所」や「取引所」を通して、その時その時の値段(時価)で購入します。日本国内においては、2017年4月に仮想通貨法が整備されたほかテレビCMなどでビットコイン取引所が紹介されていることから、さらに人気度が加速度的に上昇しています。

日本国内にオフィスを持つ、代表的な暗号通貨取引所として「コインチェック(coincheck)」があります。

詳しくはこちらの記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。




関連リンク

フォローしませんか?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin