bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン、果たして今は買い時なのか!?

2017年、ビットコイン元年。

「ビットコイン」について、関心を持つ方が増えてきています。おそらく、ビットコインや関連単語で検索して、このサイトへ来られた賢いあなたもその一人です。

今、ビットコインは仮想通貨と呼ばれる次世代通貨の中で最もアツい”コイン”の一つです。まさに千載一遇のビックウェーブが今到来しようとしています。

2009年頃から本格的に流通がスタートしたビットコインは、はじめは今の数万分の一の値段、0.1円未満からはじまったのです。それが今では、なんと10万円を超える価格がついています。

大きなメディアや報道などで取り上げられる機会も多くなったビットコイン。話題が話題を呼び、注目されている通貨です。価格は今も上昇し続けています。

では、なぜビットコインが注目されてきているのでしょうか?

1、ビットコイン(仮想通貨)に関連する法整備

これは目前に迫っているお話。日本においては、2017年春より仮想通貨を「支払い手段の一つ」として仮想通貨の価値を正式に認め、通貨として法的に通用することが決まっているんです。

これまで法的な定義がなかったビットコインでしたが、今回の法整備によってビットコインを含む「仮想通貨」が正式に通貨として認められ、円と同様お金のように扱うことが可能となります。

だから何だ、と言われてしまいそうですが、これによって国内でビットコイン取引を行う全てのユーザーが恩恵を受けることになります。

まず第一に仮想通貨を日本円と交換する取引所に対する規制がかかります。規制の細かな内容に関しては割愛しますが、これによってあの恐ろしいMt.GOX(マウントゴックス)経営破綻(のちに内部犯行であることが明らかになりましたが)のような事件が起きることを未然に防ぐ事ができます。

また、「モノ」から「支払い手段」へと解釈を移行させたことによって、ビットコインの入手、あるいは、取引に課せられる税金(消費税)が無くなり、非課税となる可能性も示されています。

法的に通貨として認められ、その存在が明確になった時、ビットコインにさらなる注目が集まることは、明白であります。

2、ETH(上場投資信託)、SECの承認

こちらも、間近に迫っている話題。ウィンクルボス兄弟が今、世界初となる「ビットコインETF(上場投資信託)」を立ち上げようとしています。

ETF承認ともなれば、価格は飛躍的に上昇し仮想通貨革命が起こるとまで言われています。今後、FX会社や証券会社などが挙ってビットコイン乃至、仮想通貨をターゲットに市場を展開し参入してくることが考えられます。

今後仮想通貨ブーム、バブルが巻き起こることはほぼ確実というわけです。

今、ビットコインを手に入れ運用することができれば、貴方も一攫千金を狙うことができるかもしれません。まだまだ知名度の低い仮想通貨。決して、今から始めても遅くはないのです。

さあ、あなたもはじめよう。

今、仮想通貨は「黎明期」から「流行期」へと変化しつつあります。

かつてのFXがそうだったように。

ビットコインで決済可能な飲食店、ECサイトは以前に比べ大幅に広がりを見せています。上で述べたように、明確な支払い手段として位置付けされたのちには、その利用機会はさらに高まってくるでしょう。

ビットコインは”仮想”通貨と呼ばれるくらいですから、実物ある金やダイヤモンドとは違い、実物のないもの・・・いわゆるデータです。実際にビットコインを買う場合は、インターネット上に存在する取引所の口座に日本円を入金してビットコインなどに換金するのです。

数あるネット取引所の中で特に使いやすいオススメの取引所として、Coincheck(コインチェック)取引所をお勧めしています。コインチェックを運営する株式会社レジュプレスは、Mt.GOX事件(マウントコックスじけん)以後、日本において早期にビットコイン取引所を立ち上げた所謂ベンチャー企業です。

今なら、取引手数料が完全無料になるキャンペーン、実施されています。

取引手数料が無料に!今こそビットコイン、はじめよう!

今こそビットコインをはじめましょう!